SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、テク企業勤務しながらアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

サンクスギビング with Olivier Butchery

アメリカでの初のサンクスギビング(感謝祭)。ニューメキシコに住む義父母と、フランスに住む旦那の弟夫婦+ちょうど1歳を迎えたベビー、ふた家族がここサンフランシスコに終結した家族でのわいわい祭りとなった。現在のマンションには、住人のゲスト用のルームが2~3部屋ほどあり(家具付でホテル価格よりもお得、何よりも同じビルなのが楽)そこに7~8日滞在してのホリデーだった。

本来七面鳥(ターキー)を焼いてテーブルの真ん中にどかーんとおいてみたいなのが典型的なものだろうけど、なぜかターキー不人気のため代替案として『おいしいチキン』ということになった。

伝統的フランス流お肉屋さん?(Traditional French Butchery)で有名なポトレロヒル地区にある、Olivier Butchery で1ヶ月前から予約。丸ごとチキン2羽と、Sttuffed Quail を(詰め物がはいったウズラ)10羽をメインに、Stuffing (パン粉ベースにセロリ・たまねぎクランベリーとかいろいろ混ぜたもの)と、パプリカ&芽キャベツのグリルをサイドに。一緒にお祝いに来てもらった10年来のフレンチ友人夫婦家族J & M & M (4歳)。Jお手製の二層チョコレートムースが最高。通常はパンプキンパイが多いようだがこれも今回反対派が多く、ピーカンパイとムースとなった。

f:id:mksfo:20161202044546p:plain

 

ホストになると、全くもってホリデーではない・・・。ベビーと子供つきの1週間強のアクティビティプランニングとブッキングなどの一大仕事のうえに、時差ボケ、生活リズムも微妙にずれてくるし、毎日3食ずっと一緒だし(国際携帯事情で)こちらのアプリがない人達にはSFライフはちょっと優しくないし、終始ストレスたまりまくり、というのが正直なところだ。苦笑)

トランプ派優勢なテキサス州の義父母のところに1週間帰らなければならなくて心身疲弊していた近所のママ友とも、お互いの『嫁仕事』を褒め称えなぐさめあって迎えたブラックフライデーサイバーマンデー

感謝祭のあとのストレスフルなママ達の発散としてこのショッピングがなりたってるんじゃないか、なんてブラックなジョークもとばしつつ、休む暇もなく『ここからクリスマスまでのホリデーの谷間にやたら集中する仕事&ビジネス』と『クリスマス準備』、『子供の冬休み対策準備』に追われる・・・。

 

とはいえ、フレンチな1歳児のベビーと遊べて、祖父母や叔父叔母からも終始かわいがられて、うちの娘が一番楽しかった1週間と思われるので、花丸としておこう。