SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、フリーランス業務とアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

スポーツ事情:NBA Golden State Warriors のStephen Curryにはまる

スポーツつながりで告白するが、実はこっちにきてすぐにサンフランシスコ(というかその近郊の代表)のチーム Golden State Warriors ゴールデン ステート ウォーリアーズが優勝するかしないか、みたいな状況の中だったのですぐにハマったのだ。これまで基本スポーツ観戦とは縁のない人生だった。(※オリンピックは除く)野球はなんかおじさんくさいし、サッカーはいまいちコート広すぎてみてるほうが疲れるし、クリケット(オーストラリアにて)は長いし、アメフトはなんか痛そうだし、ラグビーは泥臭いし。こっちにきて毎日のようにゴールデンタイムでやっているバスケットをなんとなく見始めてから、なんだかんだでファンになっていた。笑)

www.nba.com

理由は明確で

  1. スターのカリー(Stephen Curry)がカッコいい
  2. チームとして強い(今一番)
  3. ルールがわかりやすいしコートが狭い
    →スターの顔と役目と素敵プレーがわかりやすい
  4. ほぼ毎日やってる

なんだかんだで90%くらいは1.の要素占める。彼のプレーがすごいのはもちろんなんだけど、魅力は彼のキュートな『瞳』。肌も素敵な褐色で、そもそもハーフ??人種はなんなんだろうという素朴な疑問が頭からはなれず・・・アフリカンアメリカン(黒人)のパパもNBAプレイヤーだったらしい。ママカリー(TVでもそう呼んでいた)が先日試合後のインタビューに答えていたが、彼女のルーツがアフリカンアメリカンに加えて少しミックスみたいだった。白人とのハーフ説もあるようだったが違うようだ。なんだろう、結局そんなのはどうでもいいんだけど、本当に綺麗なミックス(inter-racial)のなせる業だな~とみとれてしまう瞳なのだ。

※これこそどうでもいいけど、「CSI:科学捜査班」でウォリック・ブラウン役をのゲイリー・ドゥーダンの瞳にめちゃくちゃ憧れた経歴がある私。そこがツボなんだと妙にな納得。

ちなみに、娘の学校でもほぼみんな男女ともバスケットボールを放課後やっているので、娘も興味津々な上に、(元々NBAファンで詳しい)パパと一緒にみられることが何よりも嬉しいようで毎晩楽しみにしている。

彼女のお気に入りはZaza (グルジア出身)選手。最近では他の選手の名前と背番号も詳しくなってパパと一緒に応援に励んでいる。