SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、フリーランス業務とアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

ロードバイク自転車 盗まれる

サンフランシスコの街ではちょっとした盗みが多発する。一番多いのは、自転車とiPhone。車の窓が割られているのもよくみかけるのだが、座席にある電話とかを狙ったものだとか。(もちろん現金とか財布もあるだろうけど)

で、うちもついに盗まれた!

幸いにも愛用必需品のママチャリではなくて、旦那の年季はいった10+年物のロードバイク。当時正規価格で17万円くらいらしいとか。何よりも思い出のある自転車だけに、相当ショック!このマンション、こっちではアパートメンツ/コンドー、の一室に自転車を修理したりする専用ルームがあるんだが、そこからわざわざ盗んでいった!つまり鍵がないと入れない場所、からの盗難ということで、公の道ばたで盗まれた場合とは異なる対応とのこと。

対処としては

  1. マンション管理会社・警備会社に連絡
  2. 警察(非緊急ライン)に電話
  3. ユニフォーム警官がペアで訪問
  4. 現場検証(ビデオとか事情聴取とか)
  5. 自転車の管理登録番号をサイトに登録
  6. 盗難保険への申請(警察証明がいる)

それにしても、セキュリティの厳しい(ことになっている)ビル、の割には意外とアクセスで入館ができてしまうのが大問題。自転車専用ルームも住民っぽい人が出入りしていればみんな気づかないし。

あと、携帯電話や自転車盗難は組織犯罪?化していて、盗んだら、パーツに分解し、売りさばくという手はずが整っているらしい。なので、言い換えるとパーツが標準化されていて市場ニーズが多い・中古市場価値ものが狙われる。(iPhoneや標準的な形のロードバイクはその典型)

というわけで、当面私の電動ママちゃりは狙われないだろう・・・。でも何があっても鍵はダブルでかけて、夜は自宅保管して、という注意が必要だ。