SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、テク企業勤務しながらアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

サンフランシスコ公立学校事情 その2

学校が決定するプロセスとタイミングについて。

改めてSFUSDのサイトを最初からみてみると、基本的には3月と5月の2大決定タイミング(ラウンド1と2)があり、これで大枠が確定する。その決定校がたとえ気に入らなくても、一旦このタイミングで割当られた学校にて「ENROLL(確定手続き?)」が必須となる。そして、ラウンド2以降は、ラウンド3にて、「1学校」のみ「キャンセル&空席待ち」希望リストに載せてもらうことができる。そして今年度の場合は6月14日以降は、空いてる学校に割り当てるよ期間、となる。9月2日以降は移動を認めない。となってる。

じゃ、

いわゆくくじ引きシステムといわれうプロセスは、どんなアルゴリズムが働いてるのよ、というのはこちら。(下記は小学校)

www.sfusd.edu

日本の保活とも似てるけど、

1.兄弟姉妹の有無

2.地域(学区?)+その区での公立プリスクールにいってるか

3.テストスコアの低い地域に住んでいる(生徒の希望のほうが優先される)※

4.その学区に住んでいる

というらしい。この3.を逆手にとってあえてその地域にアパートを借りてから申請したりする人もいるとか。ただ、ロジックにはもっといろいろあるんじゃないかって噂もたくさんあって、もう本当に運しかないようにおもえる。その中でも、

1)20校の希望校を記入する申込書に40校書いたほうがいい

2)母親の学歴や年収などを重視(低い生徒の希望が優先される)
→一昔前は、これは本当だったらしい・・・

Enrollment Overview for the 2017-18 School Year

There are two major placement periods each year: March Placement Period (Round One) and May Placement Period (Round Two).  For the 2017-18 school year, the application period for March placement is from October 31, 2016 to January 13, 2017. The application period for May placement is from January 16, 2017 to April 14, 2017.  Within each placement period, applications for school placement are not processed on a first-come, first-served basis.  As long as the applications are submitted on-time by the deadline, they will be processed at the same time.

After Round Two, families can submit a waiting pool request for ONE school. The waiting pool process will run through September 2, 2017.

Starting from June 14, 2017, all students who have not registered at their assigned schools or students who would like a different assignment can participate in the Available School Assignment Period (ASAP) for other schools with available spots.

By the start of school, all students should be registered at their assigned school. Any registered students who do not show up within the first three days of school will be dropped.

No transfers are allowed after September 2, 2017.