SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、テク企業勤務しながらアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

住居探し。サンフランシスコ市内の引越し

娘のプリスクールを基準にして選んだこのヘイズバレー地区のマンション。15ヶ月の契約がもうすぐ切れるので、それにあわせて、5月半ばから本格的にアパートメント探し。海の東西を問わず、転居、引越し、賃貸の住居探しはタイミングが命、と決まっている。契約がかぶらないように前契約がきれる前の週くらいからのスタートが好ましいので、早すぎず、おそすぎず。

サンフランシスコの住居価格のバブルは2016年をピークに頭打ちした、とのニュースがあちことで出ていたが、売り手市場なのは変わらず。いい物件は1週間とか2週間くらいですぐ埋まっていく。見学にいって気に入って待ってもらっても最長2週間かな、という感覚。

 

シーズン:

6月は日本の3月(学期末という意味で)、なので、同様に住宅事情でも動きも多いようだった。4月5月に物件検索したときと比べると今6月末に検索した物件数のほうが少ないようだ。GoogleさんのApartment for Rentの検索(WEB、アメリカだけだけど)も7月最終週あたりから下降路線になるので、そこで夏の移動が多いのであろう。

 

今回利用したサービスは

  1. Trulia (RENT)
  2. Craigslist 
  3. Hotpad 
  4. Zillow 

基本たいていの物件は上記のうち2−3つには同じように出て来るんだけど、違う写真や追加情報が乗ってたり、UIが違うので見やすかったりするので、同じ物件でも一応全部チェックするようにしていた。2.Craigslistは回転率がものすごく早いけど、毎日今日アップデートされたもの、といったようにも探せるし、エリアが絞り込まれてきたらくまなくチェック。Truliaとかのサイト経由でのコンタクトも、返信率が60%くらい。物件名探して、自分でそこへ個別に連絡するのが手っ取り早かった。

 

今のマンションが、新築物件とあって、

  • 2ベッドルーム2バスルーム月額5300ドルー6700ドル

みたいな範囲だったのを覚えているが、

タイミングなのか、やや市場下降気味なのか、探すと

  • 2ベッドルーム2バスルーム月額3500ドルからー

で見つけられることがわかった。

でも、安め物件の注意点

  1. エリア
  2. 広さ(スクエアフィートで要確認)
  3. 駐車場ありなし
  4. 洗濯機が部屋(ユニット)にあるかどうか
  5. 2年目の家賃の値上げ傾向

特に、1と、4はサンフランシスコらしいのかも。サンフランシスコはともかくエリアによって街の性格が全くことなる。安全とか安心はもちろんだけど、人種とか文化とかそういうのも結構はっきり出て来る感じ。4.は、小さめな木製ビンテージなハウスを3−4世帯くらいでシェアするタイプが多いからか、「地下」にあって「共同利用」というのも割りと多い。私達も合計10件くらいみたけれど、そのうち4件は共同利用洗濯機(と乾燥機)。中にはコイン式もあったりで、学生気分だ。オンボロ宿だからとかではなく、それなりに相場くらいの家賃は(つまり4000ドル程度、もしくはそれ以上)払うのに、コインだと。流石にそこは譲れないということで、途中から探す上での必須条件に変えた。5.も、ここはかなり強気マーケットなので、注意。とある大型マンション系の物件は、短期滞在中心でまわすモデルらしく、家賃が2年目に20%あげて交渉してくるらしい、と。ちなみに、現在の私達の部屋は、すでに7月からの空き部屋で公開されているが、なんと12%アップだった。契約更新した部屋の友人らは5%くらいのアップで交渉してきたらしいけど、事実上値上げなしでおさまったとか。いずれにしても強気姿勢なのでそこも最初から考慮するべし。

 

今回も私達の基準は明確

  • 車がなくてもいい、ママチャリ中心ライフスタイル
  • 学校まで歩きか圏内(ママちゃりのため急すぎる坂はNG)
  • 2ベッド以上
  • 車はないけど、自転車数台おける場所あり
  • 洗濯機乾燥機あり(室内)

 

無事に来月からお引っ越しです。