SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、テク企業勤務しながらアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

サンフランシスコのプール事情 大人編

サンフランシスコは基本寒めなところ、だからか、土地が高いからか、プールというカテゴリはとっても弱いとみた。

一応水泳をやってきて、大人になっても大田区、港区や渋谷区の区民プールなどを利用しながら続けてきた身としては、泳ぎたいと思ったときに泳げる環境は用意しておきたいのだ。

水泳用プール、目的は2つ。

①大人用(Lap Pool)

②子供の水泳教室用

 

①大人用は、ありそうでいて意外と難しい。下記のブログに大変詳細なレポートがのっているので、学ばせていただきつつ、自分でもアポとっていってみる。

プール探しの旅に出ました(その1)

プール探しの旅に出ました(その2) | もっとサンフランシスコ

プール探しの旅に出ました(最終回)mottosf.wordpress.com

かんたんにいうと、安い順に

  1. 市営プール

    Aquatics & Pools | San Francisco Recreation and Park

  2. フィットネス系・YMCA含む
  3. クラブ系

の③種類。市営プールは泳げる時間帯が限定されている(プールごとにも少しずつ運営方法が違うようだ)ので、その時間に合えばめちゃくちゃいい。月ごとに微妙にその時間がかわっていくのもやや面倒。ドライヤーとかアメニティは無いのでタオルも含め基本全部持参。4箇所いってみたが、プールそのものは、建物の外観とは全く異なり、全般的にキレイでちゃんとしていたので嬉しい驚き。ライフガードもきっちりいるし安全面では問題はなさそうだった。近所のハミルトンは一回6ドルで利用可能、その他マンスリーパスなど、種類も豊富。

 

フィットネス系は当たり前だがそれぞれ。全体的に狭い印象。ジムがメインだったりするので、付属的な扱い。クラブ系は、高級感あるけど、それなりに高級。いろいろと敷居の高いゴルフやテニスがついてくる社交クラブ的な扱いになってくるので、身分不相応、やめておきたい。知人がメンバーだと、ゲストとしてSFでは珍しい外プールなんか使えたりするので、それくらいでいいかな。

www.bayclubs.com

 

というわけで、結局、フィットネス系の中でも、一番プールがちゃんと広くて何よりもきれいだったJCCSF、Jewish Community Center SFに決めて昨年入会した。1ヶ月100−130ドルちょっと、いろんなキャンペーンがあれば入会費無料だったり、スパ3時間無料などがついてきたり、割引だったり。私は全部適用できたオフシーズンに入会したようだ。

JCCSF - Home

 

JCCSF - Fitness Center Membership

 

もちろんプールだけじゃなくて、ジムなんかもすごくきれい。この街にいると、普通に(衛生的に)きれいな建物をみると嬉しくなるので、それが決め手。いつも25Mで3−5レーンは空いてるし(働いている人の時間帯はどうやら激混みのようだけど、主婦時間ならプールを独り占めも可能)、シャワー、ドライヤー、アメニティつき、タオル使い放題、水着乾かすマシンなどとりあえず必要なものは全部ある。水着とゴーグルさえ持参すればいい、この気軽さ最高。で、どこもきれい。(←しつこい)

https://www.jccsf.org/fitness/fitness-center-membership/

ちなみに、ユダヤ教徒じゃなくても、普通に入会できる。(※問い合わせ時に真っ先に聞いた)フィットネスメンバーになると、もろもろその他のクラスとかもメンバー料金で参加可能となる仕組み。ユダヤ教の教え、や行事、言語的なクラスも多いようだ。子供クラスも別にある。(次記事参照)

 

午前中や、午後早い時間にいってる感想だが、白人の60代以上、が多い印象。インナーリッチモンドに向かうバスが複数ライン、建物の目の前から出ているので、そこに住む中華圏の人々もメンバーとしては多いと事務の人が言っていた。ジムは朝5時半から開いているのもあって、出勤前の人たちで混んでるらしい。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ