SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、フリーランス業務とアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

アメリカ育児。サマーキャンプ争奪戦はじまってます

mksfo.hatenablog.com

日本は花粉症がピークになる、3月。送別会やら、花見の計画やらで何かとばたばたしていると思うが・・・アメリカの育児でものすごく、今の時期大変だな、と思うのは、夏の準備、である。最低でも2ヶ月強、長いところ(プライベート学校などで、校舎工事が重なったりの事情ありのところ)は3ヶ月半近くあるところもあるらしい。

 

サンフランシスコ公立学校は、今年は

6月6日が学校最終日で

8月20日が新学年・新学期

 

つまり6月7日から8月19日までの平日51日(土日と7月4日祝日除く)、10週間強あるのだ。これは長い。

  • 子供の希望
  • 親の希望
  • 家族・親族の都合(旅行とか)
  • 親の仕事の都合

に加えて、

  • キャンプ側のスケジュール
  • 予算
  • アフターケアあるかどうか
  • そもそも空き状況

を加味してすりあわせて、頭をひねってパズルのようにWeeklyではめていくのだ。

 

早いところは2月から応募フォームがまわってきて、これ、ってのは2月時点でみんな決めている様子。今、3月半ばからオンライン予約スタートというのも多くて、その前後から争奪戦?がはじまる。安いところ、アフターケアがあるところ、有名なところ、はその時点ですでに満員だったりする。

 

一方で、やっぱり地域性というか、そのエリアに住んで、そのコミュニティにはいってないと知らない(オンラインとかでは探せず、公表せず、口コミと過去の参加者家族などを中心に)プログラムもあったりする。去年苦労した、また本人も経験したかいもあって、今年は、イメージがつきやすく、親としての心の「決め」が早かった。

 

で、今日は朝から、サンフランシスコ公立プログラム(SF REC &PARK)の申し込み開始!!朝10時からパソコンに向かっています!