SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、フリーランス業務とアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

ミッションにある怪しいレンガの建物

売れたらしい。

 

この広大なスペース、デッドスペースになって久しいので、このミッション地区のホームレスのたまり場(盗んだもののブツブツ交換の場所)になって、ものすごく行きたくないところのひとつ。ミッション地区って、 バレンシア通りとかは「旬な」ショップやコーヒショップが多くてミレニアルが集う「旬な」ところになって久しいけれど、このミッション通りはやばい。

 

16通りとミッション通りの角がBARTという電車の駅になっているのだけど、そこがまたひどい。マリファナと体臭とホームレスと鳩の糞を全部たして10倍したような匂いに包まれる地区である。14通りにあるこのアーモリー(武器庫?)から16通りまでのミッション地区はいかないほうがいい。

 

こっちにきた頃、AirBnBでこの通りぞいにあるマンションの短期利用を予約してしまって、大変なことになったこともある。(返金できず)

 

結局、製造業のオフィスやらとしてリニューアルされるらしい。これによってキレイになってもらえるといいんだけどね。ただ、こういうちょっと高級層向けの再開発が進むと、家賃があがってもともといた地元の人がすめなくなるぜー的な社会の反対運動もあるので、その方向にはしないといっていた。キレイにしてくれていいのになぁ。

www.sfweekly.com

 

ただ、そもそも家賃高騰化して大変なサンフランシスコでは、土地開発の「ジェントリフィケーション」が大きな問題となっている。貧困層が住むエリアなどが、再開発などによって、中流層が流れてくることで、もともとの住民が追われていくこと。ミッション地区はその最たるものらしい。

サンフランシスコではその地図もある。

Urban Displacement San Francisco Map | Urban Displacement Project

 

下記は、Wikipediaより

 

ジェントリフィケーション英語Gentrification)とは、都市において比較的貧困な層が多く住む中下層地域(インナーシティなど都心付近の住宅地区)に、再開発や新産業の発展などの理由で比較的豊かな人々が流入し、地域の経済・社会・住民の構成が変化する都市再編現象である。日本語では、高級化、中産階級化、階級浄化などの訳語があてられる。これにより、貧困地域の家賃・地価の相場が上がり、それまで暮らしていた人々が、立ち退きなどによって住居を失ったり、それまでの地域コミュニティが失われたりすることが問題となる。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村