SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。アラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中。(その後ママチャリは3台盗まれたけど、迷走快走中)

J&J コロナワクチン ブースター摂取(7月23日現在)

ちょっとちょっとー

1回で接種が終わるので楽ちん、のふれこみだったジョンソン&ジョンソン、通称J&Jの新型コロナワクチン。ファイザーの予約がなかなか取れなかったタイミングで、4月に受けてしまったのよ、私。

 

ここにきて、デルタ株がアメリカで流行しているのだが、それへの威力があるのかないのか、というのがホットな話題。ファイザー、モデルナの2回摂取は大丈夫みたい、という結論で、J&Jのは、意見がわかれているらしい・・・。

 

2021年7月23日ロイターの記事では、
「ブースターショットが必要になるかもしれない」となってる

J&J shot recipients may need a booster; new advice on infected kids

www.reuters.com

 

現状、ベイエリアの保健局でも、CDCでも、J&J接種者に対するブースターショットは「必要ない」

「推奨もしない」

というステータスみたい。

※2021年7月24日時点。責任はもてないので、自分で調べてくださいね。

少し前には、ワシントン・ポスト紙(有料)でも掲載されてて、

You had the Johnson & Johnson coronavirus vaccine. Should you try to get a booster dose of Pfizer or Moderna?
ーーThe J&J vaccine is robustly protective, and new data suggest it defends against the delta variant, too

 

www.washingtonpost.com

 

いろいろ書いてあるけれど、現在はまだ調査・データまち。判断待ち。明確な医師や医局当局、のガイダンスや指示が正式に出るまでは、「勝手に判断して個人でブースターは打たないように」というのが統一見解のよう。①最初のがデルタや他の変異種にどこまで効くのか、②二種混合?みたいな場合の副作用はどうなのか、③誰が判断するのか?④そもそもデルタ種にかかるリスクは高いのか?など、いろいろ背景や事情も異なるためだろうね。

④の要素もだいぶ重要で、集団免疫などができている地区などが生活圏の場合、そもそもかかるリスクも激減しているはずらしいし。結局ワクチンは、かかった場合のリスクと比較になるからね。

 

というわけで、正式な発表を待ってみようと思います。

 

 

Summer Together SF夏のサマーキャンプ 2021年

今年の子供のサマーキャンプはほぼ、無料。

SF市内で、公的なものは原則無料で参加可能となっている。SF市が予算をカバーしているということだろう。コロナ禍で教育がままならなかった、ということもあるんだろう。6月から大人側のワクチン摂取などで、フル再開の目処が立ち、職を失って大変な家族、または子供にしわ寄せがこれ以上いってしまうのは、いけないという判断か。

Sumer Together という名称で。

 

市内の公立学校に通う子どもたちのほか、プライベート学校に通う子供たちの、その私立キャンプも一部無償提供対象となっている。ただ、人数制限があるので、一番都合のよいところに都合よく入れるかは、申込み状況次第だろう。

www.dcyf.org

 

SummerTogether_flyer.jpg

 

一応、申込みも優先順位があって、数をコントロールしていたりするんだけど、これがやや適当な感じで。。。というのも、複数応募できてしまうし、対象外だった学童とかのが途中から対象になったりで(無償となるからいいんだけど)てんやわんや。

  1. 1セット3週間単位(とはいどこまで厳格かは微妙)
    申込み単位はこの単位。前もってうち1週間とか旅行で、参加できなくてもみんな申し込んでいるよう。なので、キャンセルいっぱいあるんだろうな。
    一応、初日に顔を出すことがスポットをKeepできる条件みたい。
  2. 有償のプライベート運営のプログラムとの関係
    例えば、有名なSTEM教育のガリレオ、とか、バレエ教室、とか、うちもお世話になっている乗馬プログラムとか。そういったものは、この公的支援無料キャンプ発表のもっと前(例えば2020年夏とか10月とか)から有料で申し込み受け付けてたりしてる。こういったとことの調整でキャンセル可能かどうかとか。また、こういった有償キャンプも独自に3週間ルールをもっていたりで、この3週間の単位と、上の公的な3週間の単位が微妙にずれてたり・・・。(※公立と私立では、夏休みの開始・期間などが異なるためずれる)
  3. 具体的な日割のスケジュールが謎?
    一応公的資金をいれているため、ある程度フォーマットがあるようだったけど、具体的に朝からどんなプログラムをするのか、アカデミックな部分と、遊びの部分と、キッズの人数や大人との人数比率など、結局ぎりぎりになるまでわからない。
  4. 複数申し込み&キャンセル祭り
    上記などの理由から、ともかく複数ダブって申し込む親も多い。というかそうならざるを得ない。3週間だからね、働いている親としては、1週間ならなんとかつぶしがきく?かもだけど3週間は長い。子供の居場所をきちんと確保しないとならないから。さまざまなリスク回避のためにね。途中から、どうしても行きたい有償キャンプが空いてくるかもしれないし、長い夏、5−6月時点では運営する側の大人が雇えなかったけど、7月に経済再開モードになり、7、8月では枠を拡大しているキャンプも出てきている。ちなみに公的無償なところはキャンセル料はとらない。というわけで、いっきに枠が開放、なことも多いみたい。という私も実は一つは夏に入ってキャンセルした。

    ダブっているうちから申し訳ないとハラハラしていたけど、そんなのはきっと日本人的な感覚の持ち主だけのようで、かなりみんな当たり前のように、たくさん申し込んでおいて、時には連絡も無視で、No Show、現れないとかあるよう。私はいつもお世話になっていることもあり、丁寧に電話とメールで理由を説明し、なるべく運営の迷惑・デメリットを極小化するように努めてしまったが・・・そんな親も珍しいんだろうなぁ、「いいのいいのーそういうものよ、No Problemよ♪」とすごい軽い感じで返事があった。

    ま、というわけで、なんとか無事に過ごしている(子供の)夏休みである。どでーんと大きな旅行とか体験とかできない夏だけど、地道に地味に毎日を過ごすこともいいでしょう。

プレ更年期対策 サプリ

アンチエイジング、になるのかな。

以下、試しているところ。全部は多分良くないと思うので、一応、1から。なんとなく1がいい感じ。2、3は日本系なので、そのうち比較してみようかなと思うわ。

  1.  The New & Ultra Potent Hormone Harmony

    Happy Mammoth LLC


    f:id:mksfo:20210718042219p:plain



  2. Equelle  
    EQUELLE

     



  3. 命の母

    これはアメリカでなかなか手にはいらなくて、今悩み中
    こういうサービスで手にはいるらしいわね。

    Kobayashi Inochi no Haha A Menopause Supplement 420 Tablets




アメリカ花粉 アレルギー ザイザール

このブログで一番、人気なのはなんと、鼻うがい!という!!!

でも、わかる。地味に大変なのよね。

結局、アレルギーテストをして、北アメリカの雑草「草」系、かなりすべてに反応することがわかり、公園や、裏庭すべての庭にある雑草にアレルギーな、私は、日本でも相性のよかったザイザールというお薬を処方してもらって、毎晩飲んでます。医者に行く必要がなく、アレルギー薬くらいだと、プライマリーケア経由からも、かつ、薬局(私は徒歩1分のとこにあるWalgreen経由)アプリから自動リニューアルできるのがアメリカの便利いいところよね。

mksfo.hatenablog.com

 

ちなみに、六本木ヒルズ勤務の際にお世話になっていた近所の日本の耳鼻科の先生にもいろいろ教えてもらって、やっぱり私にはザイザールでいい、という結論に。

 

ザイザールは、今、薬局で処方がなくても購入できるし、ジェネリックもあるのでいろいろ選択肢があるようだ。私はジェネリックを処方で買うというのを医師から勧めらているので、それにしている。そのほうが安いみたい。

 

GoodRxというお薬の最安値を比較できるスタートアップ企業があるんだけど、それでまずはアメリカのお薬の基本や、定価を調べるのが常識。

https://www.goodrx.com/

ザイザールについての比較は、こちら。

f:id:mksfo:20210715131115p:plain

地域と、適用される保険?とか、詳細は違うのでそこは間違えなく。ただ、相場感はわかるので便利。

https://www.goodrx.com/blog/allergy-medicine-alternatives-everything-you-need-to-know-about-xyzal/

 

私は、処方箋つきでlevocetirizine 30錠でWalgreenで8.5ドルとかのはず、上記の真ん中のカテゴリ。1錠あたり0.28ドルで、上記の最安値が0.24ドルなので、まあ、まあかな。

 

ちなみに、日本はどうなんだろうと。とあるOTCのは結構高い金額のよう。耳鼻科で確かマックス90日分もらえたはずなんだけど、その際っていくらだったんだろう。。。なんだかんだで通う費用もかかるから、割りたかになるのかねぇ。

 

薬漬けもどうなのかと思うんだが、やっぱりね、2日くらい怠ると、ちょっとした外出とか公園とか野生のところにいくともうクシャミや鼻水がすごくて、確実に4時間は無駄になる。また、それによって、鼻水が喉奥に流れてしまって咽頭や声帯、かつほっておくと、肺、炎症をおこすリスクというのをここ20年くらい繰り替えしてきたので、そのほうがリスク高い。コロナ禍での、ちょっとした風邪症状もいろいろな意味で避けたいしね。飲んでると、本当に快適。

 

★鼻水が喉に落ちる・喉につまる、というのは後鼻漏(こうびろう)というれっきとした医学用語?みたい。英語では、postnasal drip で通じる。

鼻水が喉に落ちる・鼻水が喉につまる|かわもと耳鼻咽喉科クリニック

 

ちなみに、カリフォルニアは田舎なんですよ。というか自然がいっぱい。もっというと、ワイルド。草とか木とかも本当に良くも悪くもいっぱいあって元気だし。ワイナリーなんて行くときに、アレルギー対策してないと本当に悪夢です。渡米前もこれまでも、ワイナリーにいって、なんでいつもクシャミが出るんだろう、ワイン飲み過ぎかなくらいだったんだけど、そうなのよ、ワイナリー自然も、草も、木も、いーーっぱいだからねぇ、あのエリアは地元に人でもアレルギー反応とかそこまで珍しくないみたい。

(アレルギー薬とアルコールも本当はよくないんだろうけどねぇ。。。)そこまで呑んだくれるわけでもないし、(※ってそんな時期もあったけど)・・・、まいいか。

 

とりあえず、アレルギー対策は、自分の状態と、それの対策もわかって非常に楽になりました。

 

 

 

 

アメリカ40代の歯科矯正 ③安いオプション

駐在員妻や渡米した日本人女性は、まず歯科矯正がしたかったから、したというケースもちらほらと聞く。日本より安いのと、周囲にオプションが多いので「近い」のと、やっぱりアメリカ文化として歯へのこだわりが多いのをみて、なら私も、となるからだろう。子供がやるから一緒にという私のパターンも少なくないみたい。

 

とはいえ、高いよね。結構マイナーな私のでも5000ドルとかだもの。

 

そんな中、スタートアップ企業で、手軽に割安で、歯科矯正するマウスピースのサービスが目立ってきていますね。サンフランシスコでも、バスや屋外広告でもかなり見ます。NYとか、都市部でのSNSや、各種広告露出も多いよう。主にミレニアル世代(2021 年で25−40歳になる世代)向けで、小さいときにしなかったとか、やりたかったけどできなかったひと向けに、比較的短期で安くできるという感じ。

私が知る限りでもこの3つ。一応全部チェックしてみた。

大きく違うのは、医師の介在度合いで、矯正度合いのよう。インビザラインが一番矯正力があるよう。インビザラインが標準12−18ヶ月なのに対して、標準6ヶ月で治療!という手軽さが謳い文句。よって、コストも割安になり、2ヶ月ごとの診察も不要、という。手軽にちゃちゃっと自己管理でやりたいひとには最高だろう。治療費も、40−60%オフ、となっているので、単純に期間が半分だから、というふうにも捉えられる。

 

ただ、噛み合わせの根本的な問題や、たとえば抜歯が必要なケースや、歯科全体の治療とのアライメントなどは考慮しない簡易版という感じ。歯科医師は最初のみで、途中では介在しないモデルのよう。ちなみに、マウスピースをもっと急激に変化させてスピードあがるんでは??と私も思っていたんだけど、いっきに押しすぎると、グラグラしたりとかえって問題を作ってしまったりのリスクもあるんだとか。

 

私も、複雑なケースではないので、もしかしたらこれらの安い早いオプションでも良かったのかもなんだが・・・。でも、私の場合は、原則娘につきあって同じクリニックに通う、同じような経験を一緒につきあつうという目的が一次的にあるので選択肢としては真面目にはみなかった。あと、やっぱり、「なにかあったらいつでも電話して、いつでもクリニックに来ていいわよ」、というちゃんとした医療機関サービス、万全な体制がついているのは心強い。

まとめると、

利点

  1. 6ヶ月くらいと期間短い、早い
  2. 診察も不要
  3. その分安い

欠点

  1. 複雑な歯科矯正にはできない
  2. 歯科医師は原則介在しない(治療が介在するみたいなケースは別)

 

ただ、さすが、歯科矯正大国。こういう選択肢が多いことはいいことよね。自己責任だけど、自己選択でいろいろ選べるという。

私もこの歳だから、医療に関しては、安さよりも、安心安全を選んでしまうけどね。