SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、テク企業勤務しながらアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

小学校に向けた準備(ママ友、制服、バッグパック探し)

長い長いーこっちアメリカ小学校の夏休み。6月から8月のほぼ3ヶ月弱。とはいえ何かと予定を詰めてしまうと、あっという間に経過するのもまた本当。気がついたらもう7月。

そんな中で、徐々に新学期学校の準備をしなければならないことに気づく。

  1. 学校が開催する歓迎プレイデイト
    キンダーの子たちや、編入してくる新入生の子が学校に慣れるようにPTA達がセットアップしてくれてる。夏の間に3回ほど。ポットラック形式(皆でランチタイムで食べられるものを作ってもっていく)なので、きっちりママ仕事。あと、そこでいくつかママ友を作ってネットワーク土台を作るのも。
  2. バックパック(リュックサック)探し
    これまでもバックパック(いわゆるリュック)でプリスクール、に通っていたが、小学校になると「宿題フォルダー」となるファイルが登場するので、それにあわせた大きめサイズが必要になる。このための綿密な「学校用バックパック」選びは結構悩みどころなので、別途まとめるとしよう。日本でいうところの「ランドセル選び」のポイントになるだろう。
  3. 制服(ユニフォーム)購入
    なんと、月曜から木曜日までは制服着用とのこと。これは学校によっても全く異なるので、要注意。うちは基本、
    ①白い襟付きポロシャツ(か学校のTシャツ)
    ②紺のスカートかジャンパースカート(+パンツ・スパッツ?)
    とはいえよほどのお嬢様私立学校みたいではない限り、日本みたいに、「指定制服はここで」みたいなのはないので自分ふ普通に購入するのだ。学校案内にも、

    Target、GAP、OLDNAVY、Children's Place, Lands End, Kohls, JC Penny, French Toast などから買えるよ、という記載があるのみ。今まで気づかなかったが、それらのオンラインストアにも、なんと「ユニフォーム」というカテゴリがあるではないか!特に記載すべきが、French Toast。制服というニーズがない限りはあまり目にすることがないブランドだが、制服カテゴリーではめちゃくちゃ有名みたい。LTアパレルというニュージャージー州の会社がもっているようだ。
    日本もそうだけど、ブランド・メーカーがかわると、サイズもちょっと気をつけないといけないので(太めとか細めとか)、いきなりオンラインもややリスク。というわけで、この夏はゆっくりとユニフォーム探し&購入が一大タスクとなりそうだ。

French Toast

www.frenchtoast.com

French Toast Official School Wear is America’s best selling brand of school uniforms, providing quality official school wear to our nation’s schools for the past 50 years.

We carry the largest selection of school wear in an assortment of sizes and styles. From preschool to senior year, we have it covered.

ママチャリその後

修理屋さんから無事戻ってきた愛車、電動アシスト自転車チャーリー。(名前つけました)パンク直しで20ドル。安くてびっくり、とういか相場わからないのでなんともいえないか。

でも、やっぱり彼らも初めてなのと、電動の後輪は複雑らしいのとで、いろいろ念押しされた。ここが治ってない、ここは修復したほうがいい、リスクはどうのこうの、と。ま、リスク了解したから自己責任でなんとかする、旨サインして、引き取ってきた。

 

なんとか収まっているが(きれいにはなってた)、ややノイズがする。どっかが擦れてる音がする。

結局、

後輪のホイールごと変更したほうがいい、とのこと。これから最速で日本で注文しなければいけない。

To be updated...