SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、フリーランス業務とアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

働いてます

鋭意フルタイムで働いてます。今年に入りいくつか選択肢オファーを頂き、今月から社会人として復帰しました。

 

日系企業シリコンバレー出向というかたちになるのかな。これまでの3社でのキャリアの全部が少しづつ役に立つような感じかしら。

 

応援ありがとうございました

カリーさすが

カリーさんて本当にキレイなアスリートスターだなと思い、惚れ惚れする毎日。(笑) 

 

バスケットボールの熱いシーズンがやってきた。月曜日にあったウエストカンファレンス決勝戦がアツく、3-3で迎えた最終戦、結局最後の最後で勝利。前半はダメダメでもう終わりかと思ったが、後半からのカリーの別人ぶり(好プレー)がすごくて、ハーフタイム休憩時間に何があったかと皆が思っちゃうほど。

 

インタビューでも聞かれてた。答えは

深呼吸して気分を入れ替えるだけだと。

自分の、チームの力を改めて信じて

心を落ち着けて、呼吸して、マインドを整えて。

 

ここぞというときに実際にそれができるってすごいなあと感心感激。さすがカリー様。

 

アメリカでもちょっと前からこのマインドをどう持つか、育てるかってのがビジネスでもブームで、カリーもいろいろ研究対象になってるみたい。

 

昨年同様、またキャバリアというチームと決勝戦がはじまる。今年もチャンピオンになれるといいなあ。

 

来年からはサンフランシスコにスタジアムがやってくるしね。まだまだアツい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Karl The Fog #Karlthefog

サンフランシスコの霧は、カールさんというのだそう。結構前から名付けられていたっぽいけど、今さら知ったところ。笑)

セレブと同じように、どこでも現れて、誰にでも大きな影響力をもつ、この地域の有名人。Twitterでも相当数のつぶやきがされてるんですね。その正体も霧の中(UNCLEAR)らしい・・・。

 

www.instagram.com

 

How Karl the Fog rolls: Twitter presence’s identity is unclear - San Francisco Chronicle