SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、テク企業勤務しながらアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

サンフランシスコ ヨガとタトゥーと Class Passと

アメリカのどこの都市でもおそらくそうであるように、サンフランシスコにもめちゃくちゃヨガスタジオがある。

ヘイズバレーからジャパンタウン近くのローワーパシフィックハイツへの今回の引越しを機に、フィットネス環境を見直してみようと思う。これまでは、

  1. JCCSF(Jewish Community Center) にてプール利用
  2. Class Pass ホットヨガやピラテス系、等好きなこと

の組み合わせ。

ちなみに Class Passは都市ごとにメンバーシップ料金が異なるが、サンフランシスコは、以下のオプションがあるようだ。(2017年現在)

  • Hold: Hold costs $15/mo. and you can take 1 class during your cycle.
  • 3-class plan: costs $40/mo and you can take 3 classes during your cycle. You can visit a studio up to 1 time per cycle. 
  • 5-class plan: costs $65/mo. and you can take 5 total classes during your cycle. You can visit a studio up to 2 times per cycle.
  • 10-class plan: costs $115/mo. and you can take 10 total classes during your cycle. You can visit a studio up to 3 times per cycle.

これまでは、ミッションやカストロ地区、ヘイズバレーなどクラスパスのターゲット層であろう若者?が集う感じのところまで、ママチャリ圏内だったので、クラスパスでのレッスンも選択肢が多く、いい具合にスケジュールにマッチしつつつ満足していた。

が、なんとも、ジャパンタウン、ローワーパシフィックあたりからパシフィックあたりにかけて、つまり今のマンションのチャリ圏内のスタジオ選択肢(あくまで私がやりたいヨガ系)が良くない。いくつかあるんだけど、いまや専業主婦である私(平日子供送迎の合間、つまりほぼ午前中のみ)のスケジュール内にあうものが意外と無い。

ヨガスタジオやフィットネススタジオ、がないわけではなくて、クラスパスでの選択肢がない、というわけだ。パシフィック・ハイツや北上してマリーナあたりには、優雅な奥様やら、リッチなファミリーが集う、倶楽部?系なのはよくみかけるのだが・・・。

 

というわけで、クラスパスは、15ドル(1回利用)のHOLDタイプに変更。ちなみに実は最初はキャンセルを申し込んだら、オンラインチャットが迅速に飛んできて、やたら丁寧にHOLDを勧められ、1ヶ月は無料でのHOLDにするといわれ、そのまま受け入れたという事情あり・・・。

 

これからは、JCCSF(Jewish Community Center) がママチャリ圏内で近くなったし、テニスコートもレクリエーションセンターもあるし、一旦は様子をみることにしよう。近所のヨガスタジオのトライアルを地味になめてみるのもよさそうだ。

 

ちなみに!

ミッション&カストロ地区のほうがヨガスタジオはまず、数的に多い気がする。かつ、ヒッピーな文化とあいまってか、なんだか本格的?なインドいって修行してます、的なインストラクターが多かったので、ヨガ本気度?みたいなのがとっても濃厚なイメージで、肉体的にも精神的にもプロ系?。

 

そして、何よりも

そこに集う人々のタトゥー度合い!!!

 

ミッション&カストロあたりから、北上するにつれて、先生も生徒も受けつけの人も・・・タトゥーをいれてる人たちの割合がほぼなくなってくるのだ。スタジオも、なんだろう、明るくてすっきりしたイメージ。その分、ヨガへの本気度もすっきりというか企業っぽい仕組み?というか。キレイでいいんだけど、なんだか怪しさが足りず、物足りない?感じ。笑)

 

そもそも、私は(旦那も)タトゥー反対派というか文化的以外の意味で、全くメリットと美的なセンスを感じない派なのだが、サンフランシスコに住んでると目が慣れるというか、そいう人がむしろ周囲にいない感じのほうに、ちょっと不慣れになってくるのかもしれないな。

 

Jewish Community Centerのプールについてはまた別記。

 

ターゲット便利すぎ!困ったらターゲット

娘の水泳用のゴーグルが見つからず、急用だったのでリアル店舗で買うしかなく市内中探したが、これが全くないのである。

キッズ(toddler用)ゴーグル

 こっちのいわゆる百貨店、デパートにはメガネ屋にいけといわれ、メガネ屋にはスポーツ用品店にいけと言われ、スポーツ用品店には大人のしかないからオンラインで買えといわれ。ふとそこのお兄ちゃんがターゲットのおもちゃ売り場で見たかも、と言われ行ってみた。

 

あったあった。

 

はたまたサマーキャンプではキッズ用のながめのスポーツパンツ、ボクサーみたいな、のが必要と言われ急遽探したが、メジャーブランドにはなくて(短いのかスパッツか、big girl サイズのみ)やっぱりターゲットにてゲット。しかも5ドル以下。安い。

子供用の服は、メジャーブランドに比べるとやっぱりいけてない感じなんだけど、あまりデザイン性を求めないキッズ靴下などは、手にとってサイズみれるし、めちゃくちゃやすいし、結構使える。娘のユニフォーム買い物関連で、膝下くらいの白か紺のソックスを探していたんだけど、オンラインだとこれまたちょっとサイズわかりずらくて失敗。なにげにターゲットでみてみたら、あったあった。無地とか無難のも品揃えある上に、ちょっとだけデザイン入った割とかわいい感じのセレクションもあって大満足。

 

日本でいう、イトーヨーカドーしまむら西友?を全部足した感じなんだろう、いざってときの品揃えが豊富で今更感動!

 

家具や家電なんかも、ひととおり揃っていて、いざっていう急用事にはめちゃくちゃ助かるわー

 

 

 

 

子連れロスカボス旅行 ③ ヒルトン 食事など

f:id:mksfo:20170801023353p:plain

現地での現地料理はきっちり作るとちゃんと美味しい、ことが改めて判明。あくまでリゾートの中の料理なので、現地とはいえないかもだが、シーフードがめちゃくちゃ美味しかった。プールサイドで海をみながら食べるシーフードタコス(現地でとれた白身魚、とエビとホタテと小さなイカをいい感じに炒めたもの)にはまり、結局ほぼ毎日注文したほど。一皿大きめで3枚タコストルティーヤがくる感じ、大人二人と6歳一人で、ランチならこの二皿で足りる。(右は豚肉)必ずついてくる、3つのソースもいける。

あとは、コロナもそうだが、同じグループが作ってるいろんなローカルビールもおすすめ。軽めなのが、この天気と陽気さにあう。

f:id:mksfo:20170801024152p:plain

あとはテキーラ、系のアルコールの種類が多いことにびっくり。あまりにもメキシコフードに疎いので、きっちり美味しいものがこんなにたくさんあることにも驚き。テキーラの食後酒などもかなり美味しくて、毎晩ラウンジでいい感じになるまで飲んでいた。

週末夜にはメキシカンナイトと称してイベントがあったり、花火があったり。大きなトカゲが出没したり。ホテルのベッドメイキングは一日2回、必ずタオルアートがあって、子供の地味に楽しめる。

f:id:mksfo:20170801024701p:plain