SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、フリーランス業務とアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

ベイエリア

サンフランシスコエリアに住む、といっても、結構広い。選択肢は多いことは多い。都内に住んでいたときは、その広さの感覚がなかったせいか、シリコンバレー周辺はみんな一緒くたに考えていた。違った。

サンフランシスコ市外
サンフランシスコ郊外
ノースベイ
イーストベイ

そして、
ペニンシュラとも総称されるサウスベイ、いわゆるシリコンバレー


ミルブレー、バーリンゲーム、からどんどん南下すると、それぞれの特徴の(テク企業の)ある田舎町?が並んで位置している。有名なところだと、日本人が多いといわれるサンマテオ、Googleのあるマウンテンビュー、Appleのあるクパチーノ。 ロスアルトス、 スタンフォードのあるパロアルトとか、ANAが成田から直行便だしているサンノゼ

住むことになって、改めて認識。遠い。長い。遠い。遠い!基本カリフォルニアは田舎なのだ。アメリカの基本、いまさらだけど、車ライフ。車がないとどこにもいけない。そんな人生はどう考えて私には無理!どうしてもイヤ、というより、無理。考える必要もなく私達は市内に住んでいる。家賃や物価が税金いれると東京ライフの2倍くらいといっても過言ではないが・・・。

とはいえ、免許もなく(旦那はあるけど)、車のない私のライフは、かなりクレイジーらしい。すぐ免許とりなおして、車買って、なんて最初は(不本意に)計画していたが、ここまで6ヶ月、意外といけるかも。むしろいってみよう。ママチャリ一本で。