SF ママチャリ日記

東京恵比寿・広尾から米国夫と5歳娘と39歳で初渡米。No Car ライフスタイルで、フリーランス業務とアラフォー育児に奮闘中。日本の電動ママチャリでサンフランシスコの急な坂も人生アップダウンも快走中

ママちゃりパンクでMuniバス

今年のサンフランシスコ雨季はきっちり有効なようで、3月にはいっても雨が多い。夜から次の日の午前中にかけて降って午後から晴れるみたいなパターンなので、そこまで凹むほどではないが。

2週間ほどまえに自転車がパンク。盗難のために割られた自動車の窓ガラスの破片を踏んでしまったようで、穴が空いたというのが正しい。幸い自転車に詳しい旦那が最終的にはパッチしてなおしてくれたので運転開始できた。

雨だし、パンクだし、ということで、最近はMuniバスを積極活用中。最初は時間帯と路線によってはホームレスらしき人が多かったりとあやしんでいたけれど、慣れるとなんとかなってくる。むしろサンフランシスコの街のリアルを凝縮した感じで、子供にいいかもしれない。BMWやテスラのお迎えも多い今の学校の景観が基準ではないという感じで。笑(注:うちはあくまで一時的な措置だしね)

ちょい乗りでも1回2.5ドルとやや高め?なんだけど(都内でも210円だからかわらないか)時間内であれば切符みせて乗り換えたり、往復できることが判明。つかいこなせれば雨の日も楽ちんだ。

 

あ、でも

スピーカー持参でバスの中でもがんがん音楽ならしてくる市民がいたりするけれど・・・。

 

やっぱりママチャリが一番。こまわり聞く自由。駐車場を探さなくてもいい開放感!

どうでもよくなる瞬間(とき)

10年近く同じところで働いていると、やっぱりその世界に馴染んでしまう。馴染むというよりも、そまっている、というのが近い。それがよほどすばらしい世界であっても、(条件的に)夢のようなところであってもやっぱり、人間には変化が必要なのだと、つくづく思う。この変化を積極的にとるかとらないか=リスクをとるかとらないか、みたいな感じなのだろうか・・・人間の分かれ道になるのだろう・・・

 

白状しよう、私は実はなまけものだし、石橋はたたいて渡らないタイプ。なんとなく、えいやっで橋を走ってみる、勘を信じるタイプ。なので損もすることも多いけど、人生一回きり、入念な調査より、それまでの培った経験による勘を信じて新しい人生をはじめる(=全てをすてることになっても)ことも必要だと思っている。

10年近く勤めた、『働きやすい、時代の先端をいく企業』を来月やめる、ことにした。渡米したことによる、子供の教育事情による影響が一番なんだろう、でもそれ以外でもひとつはっきりしたことがある。

 

捨てないとはじまらない自分もある

 

  • 女の人生はいろいろ
  • キャリアはジャングルジム(Facebookシェリルの言葉)
  • 人生いろいろ(島倉ちよこ)

 

あまり思い悩まずに、行きよう。生きよう、捨てよう、新しい道を塗っていこう、縫っていこう。

 

日本を離れて10ヶ月、日本との仕事も断ち切って3ヶ月。自分の価値観が今までどうしても過去の10年間+に縛られていたかが判明。それらがまったくなくなることが現実味を帯びた今、いい意味で、過去などどうでもよくなる瞬間があった。メンタルな脱皮、というのかな、これまでの人間関係というか、なんだかんだで囚われていた価値観からの脱却というのが、改めて身をもって感じられる日々。

 

本来の長年『キャリア』や『こうあるべき』の名のもとに忘れていた、自由奔放な自分の価値観を取り戻した感じ。はーーーすっきり。もちろん年齢相応な大人な判断や価値観は必要だが、この自由は誰にもわかるまい。

 

バリキャリママ(そのつもりはなかったんだけど)として、いろんな日本社会に戦ってきたこの6+年間。こっちアメリカにきて改めていろんなことを立て直す必要がでてきた。価値観や、優先順位、そして、このあと20年くらいの自分の生活や家族のこと。

 

これまでの戦いや、なんだかんだで思考が囚われていた世界観、人間関係が、いい意味で『どうでもよくなった』今日この頃。言い換えると、本当に感謝すべき人間関係や、慈しむべく友情・邂逅・めぐりあり・先輩後輩関係などが鮮明になったとともいえる。

 

2月3月のママ仕事:Summer Camp Hunting サマーキャンプ探し

ややこしい学校事情&学校申込が終わるころ、もしくは平行してママ(パパもだけど)達の2月3月の大事な仕事は、夏休み計画。

ずばり、子供のサマーキャンプをどうするか。

夏休み計画といっても大人のやったぜーどこ行こう的なお休み計画ではなくて、子供の2ヵ月半の間の過ごし方計画、のこと。東京でも『小1の壁』という働くママが迎える障壁の一部で、長期休暇時の対応、というのがあったので馴染みはあるが、アメリカはそもそも夏休みが長い!6月2週目あたりから、ほぼ8月いっぱい。まるまる2ヵ月半、学校がない。

日本だと1ヶ月ちょっとだし、なんだかんだと『宿題』があったり『学童』があったり、『プール』があったりして、基礎的なところで『やる』ことは一応用意されてたりする。そもそも保育園は夏休みなんかないし(あっても盆正月の数日のみ)。めちゃめちゃ何も考えずに生きてこれたんだと反省&感謝。

 

こちらは基本自由!自由とは聞こえがいいが、いいかえると全部親の自己責任。何もしないも、教育プログラムをつめこもうが、旅行にいかせようが習い事をさせようが、何しても自由。

で皆様何をするかというと、下記の3つを大人の予定とあわせながらうまく混合するというわけだ。

  1. サマーキャンプに行く 
  2. 家族で旅行に行く 
  3. プレイデイト・ナニーシェアなども混ぜてゆっくりする

その中でも、その12週間の間の6~7割を占めるであろう1.のキャンプだが、山でテントとか使うキャンプのことではない。(実際去年まで私はそう思っていた)年齢と目的に応じて終日だったり半日だったりする教育プログラム。1週間単位でいろいろな施設が提供している。体操・スポーツ系、アート系、教育系、ダンス系、サイエンス系、などなど。早いところだと5月くらいから8月まで週単位で企画されている。運営するのもいろいろで、政府支援の公園系とか、教育機関・組織系もあれば、通常のフィットネスやら習い事系のところの特別夏プログラムなど。

5日~10日単位でテーマがあってその単位ごとに300ドルから800ドル位かかる。1週間終日(9時から4時30分)で500ドルくらいかな。1年生未満(Pre-School, Kindergarten, TK)などは半日(9時から1時)のところも多い。そのあとはどうすんねん?という素朴な疑問をもったが、働くママの場合は基本ナニーやベビーシッターを通常から使っているので午後からはそれで済ます、ということだ。半分の6週間だけでもきっちりやると軽く30万円以上はかかる。

お金とは別にそもそも約12週あるこの期間を、上記の1~3のコンテンツで埋めるべく慎重にかつスマートに計画しなければならない。それだけでも大変なのに、加えてこの街は大幅な需要過多(供給不足)によりなんでも競争が激しいので、早くしないと『何もなくなってしまう』というのがとってもリアルなのだ。人気あるもの(内容、場所、価格ともに)は2月後半から受付開始して、だいたい3月中にほぼ埋まるらしい。

というわけで、この街でうまれ育った地元ママや、同類の新参者ママなどの多様なソースからリアルなアドバイスインサイトをもらうべく、現在積極活動中である。

ちなみに、手始めに下記からはじめると良いとか

こういうときの情報網って本当に大切。

学校のママ友って『つきあい』方によっては下手すると日本(東京?)では『否定的』なものとして語られることもあったけど、こういう自己責任かつ流動的・多様な街では賢くそれを紡いでいくことが本当に命綱であったりもする。皆様に感謝。

と、ここで話はそれるが、日本でも『保育園』のママ友は、『学校』のそれと違って常に『肯定的』なイメージが強い。戦友とかいうけど、本当にそう。今でも遠い日本から母娘まとめて芯から応援してくれるのは保育園つながりのママだなぁ。いつもありがとう!